【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

創業融資サポート会社ランキング!

起業したい!創業資金はどうする?

会社勤めを辞め起業をしようと考えている30代女性です。

社会に出て仕事をし、経験を積んだ後に起業をする女性も増えてきました。

起業しようとした際、気になるのが創業資金です。

創業資金が用意できているなら問題はありませんが、創業自己資金が不足しているならば、どうしたら良いか悩みますね。

私も起業資金が不足していて、起業を諦めようとも思ったこともあります。

創業資金が不足している場合、真っ先に頭に浮かぶのは銀行からお金を借りる、創業融資を受けることだと思いますが、自分ひとりでは知識も経験も無いため、困り果てていました。

融資を受けるわけですから、簡単なことではありません。

そんな時に創業融資をサポートしてくれる会社があることを知ったのです。

銀行や日本政策金融公庫などから創業融資を受けるための事業計画書の作成アドバイス、法務手続きのサポートなど様々なサポートを行っている会社があれば非常に心強いです。

そこで今回、私が調べた創業融資を成功させるためのサポートに対応してくれる会社をご紹介したいと思います。

これから起業を考えている方、創業融資を検討している方、創業融資の審査や銀行面談・申請方法などにお悩みの方は、参考にしてみてください。

創業融資サポート会社ランキング一覧!

株式会社アンチテーゼの画像1
元銀行員による成功率100%の創業融資サポート!

比較ランキング第1位は、株式会社アンチテーゼです。

株式会社アンチテーゼでは、元銀行員による成功率100%の創業融資サポートが提供されています。

無料相談が受け付けられているため、「創業融資を受けたいけど自分一人でできるか不安」という方も気軽に相談しやすい環境となっています。

営業時間が9:00〜21:00と長めに用意されているのも利用しやすいポイントで、土曜日・日曜日でも対応してくれます。

そのため脱サラで起業を目指す方でもサポートを受けやすいです。

どの融資サポートを利用しようか迷ったら、株式会社アンチテーゼを選べばまず間違いはありません。

株式会社ソラボの画像1
土日祝日も応相談!東京・千葉・名古屋・大阪に拠点

比較ランキング第2位は、株式会社ソラボです。

株式会社ソラボは東京本社をはじめとして全国に4つの拠点があり、千葉・名古屋・大阪と全国各地で利用しやすい創業融資サポート企業となっています。

東京本社は市ヶ谷駅の目の前にあるため、公共交通機関を利用してのアクセスにもうってつけ。

基本的には平日の10:00〜19:00が営業時間となっているものの、相談次第で時間外や土曜日・日曜日・祝日にも対応してくれます。

様々な利用しやすいポイントのある株式会社ソラボについて、詳しく解説しています。

工藤公認会計士税理士事務所の画像1
累計20億円以上の実績とほぼ100%の成功率

比較ランキング第3位は、工藤公認会計士税理士事務所です。

工藤公認会計士税理士事務所は都営新宿線「市ヶ谷駅」A3出口から徒歩2分の場所にあり、電車を用いて訪れやすい立地環境です。

2007年に設立されてから多種多様な業種にサポートを提供し続け、創業融資の成功実績は累計20億円を超えています。

元銀行員が勤務しているため創業融資に関する内容を熟知していて、融資成功率はほぼ100%という実績を誇ります。

様々な面で特徴のある工藤公認会計士税理士事務所について、詳しく解説いたします。

TOKYO創業ステーションの画像1
東京都内で起業を考える方を対象にしたサポート機関

比較ランキング第4位は、TOKYO創業ステーションです。

東京都と公益財団法人 東京都中小企業振興公社が連携して設立した拠点であり公的な側面が強いので、「起業や融資に関するアドバイスを受けたい」と考えている方が利用しやすいです。

東京都内で起業を考えている方を対象に、創業融資のサポートはもちろん様々なセミナーやコンサルティングが行われています

東京メトロ千代田線の二重橋前駅3番出口に直結しているほか、JR東京駅丸の内南口からは徒歩5分と好アクセス。

営業時間は曜日によって変わってくるので、相談する際は事前にチェックしておくといいでしょう。

第5位 株式会社KIK
株式会社KIKの画像1
公認会計士が担当!安心して任せられる融資サポート

比較ランキング第5位は、株式会社KIKです。

株式会社KIKはJR新日本橋駅から徒歩1分の場所に位置していて、公共交通機関を用いてアクセスしやすい立地環境となっています。

相談は無料なので気軽に創業融資の話を聞きに行ける上、問い合わせはインターネットからも電話からも可能。

電話の場合は営業時間10:00〜19:00となっていて、仕事が忙しい方の場合は少し利用しにくいかもしれません。

担当してくれるのは全員が公認会計士の資格を持ったプロフェッショナル

安心して任せられる創業融資サポート企業となっています。

税理士法人Soogol(スーゴル)の画像1
JR御徒町駅から徒歩1分!土日も応相談の事務所

比較ランキング第6位は、税理士法人Soogol(スーゴル)です。

税理士法人Soogolは、JR御徒町駅南口から徒歩1分の場所に位置していて、訪れやすい立地環境です。

電話での問い合わせ対応時間は基本的に平日の9:00〜18:00となっていますが、土曜日・日曜日も相談できるため利用しやすくなっています。

さらに、インターネットには問い合わせフォームが用意されていて、問い合わせから3営業日以内には返答してくれます。相談は無料であるため、創業融資を検討している方や不安・疑問のある方はまず問い合わせてみるといいでしょう。

明治通り税理士法人の画像1
JR渋谷駅から徒歩5分!企業の成長までも考慮

比較ランキング第7位は、明治通り税理士法人です。

明治通り税理士法人はJR渋谷駅新南口から徒歩5分の場所に事務所を構えていて、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線が通る渋谷駅からも徒歩10分と好アクセス。相談に訪れやすいロケーションが自慢です。

「単なる記帳業務や申告書の作成業務に留まらず、企業の成長を第一に考えて成長支援を行う」という理念が掲げられています。

公式ホームページから無料相談を行うフォームが用意されているので、メールで簡単に相談することも可能。簡単なことから難しいことまでどんな悩みにも改善策を提示してくれます。

代官山税理士法人の画像1
駅から徒歩2分!成功報酬2%の創業融資サポート企業

比較ランキング第8位は、代官山税理士法人です。

代官山税理士法人は東急東横線「代官山駅」から徒歩2分、JR山手線「恵比寿駅」から徒歩7分の場所に事務所がある創業融資サポート企業。

「単なる記帳業務や申告書の作成に留まらず、企業の成長を第一に考えて創業期から大企業へと成長するまでの過程を支援する唯一無二のパートナーになること」を理念として営業が続けられています。

企業を運営していくために必要となる税務顧問や決算書の作成、助成金や節税、事業計画や資金繰り表の策定支援などをトータルサポートしてくれます。

スタートアップNET(創業融資ラボ)の画像1
JR高田馬場駅から徒歩5分!若手専門家が対応

比較ランキング第9位は、スタートアップNET(創業融資ラボ)です。

スタートアップNET(創業融資ラボ)はJR高田馬場駅から徒歩5分の場所に事務所を構える創業融資サポート事務所。

フットワークの軽い若手専門家が対応してくれ、平日はもちろん土曜日・日曜日・祝日いつでも9:00〜19:00まで相談することができます

完全個別対応が約束されているので、きめ細かいサポートを受けられます。

創業融資を受けるためのサポートはもちろん、設立後の手続きや会計ソフトへの入力代行、申告や年末調整などをトータルでサポートしてくれます。

ハイク行政書士法人の画像1
新宿駅南口から徒歩5分!認定支援機関ならではの強み

比較ランキング第10位は、ハイク行政書士法人です。

ハイク行政書士法人の事務所はアクセス抜群で訪れやすいロケーション。

新宿駅の南口を出てから歩いて5分の場所に位置しているほか大江戸線・新宿線・京王新線新宿駅の各出口からも徒歩数分圏内と訪れやすくなっています。

さらに、情報保護のために独立した応接スペースが用意されています。そのため、他の方に聞かれたくない相談や、情報を守りたい方でも利用しやすい環境です。

相談だけなら無料であるため、創業融資を検討している方であれば気軽に相談できます。

ハイク行政書士法人ならではの特徴が数多くあるので、詳しく見てみましょう。

起業前から起業後まで頼れるサポート会社


起業するのに一番の悩みは、お金の問題。

創業資金です。

自己資金が足りない場合どうすればよいのか?

創業融資を受けるにもその仕組みを調べ、メリット・デメリットを比較するなどして、正直頭を抱えることも多かったです。

それに融資を受けるには、事業計画書、収支計画書が必要になります。

自分だけで、その事業計画書や収支計画書など作成が絶対出来ないということはありませんが、その内容はとても難しく、その内容の完成度や書き方ひとつで融資を受けられる融資先も、融資額も大きく異なってしまうのです。

すこしでも創業融資の融資額が上がるためにはサポートしてくれる存在が必要だと思いました。

そこで、私が選んだのは、起業前のビジネスプランの相談から創業融資に関するすべてまでトータルでサポートしてくれるコンサルタント会社、「株式会社アンチテーゼ」です。

アンチテーゼの実績は、元銀行員による創業融資成功率100%

年間実績1,000件を超えています。

細かく丁寧な対応で融資に直接的には関係ないところの相談もできるのも嬉しいメリットです。

当然、日本政策金融公庫から融資を受けたい場合のサポートにも対応してくれるため、どのような方にも相談利用をおすすめできます。

起業に必要な創業資金は?0円でも起業できる!


起業するのには、創業資金がどのくらい必要なのでしょうか。

それは自己資金でまかなえるのでしょうか。

それは、起業する内容によって違います。

その違いを簡単に比較してみます。

例えば、ネイルサロンを起業しようとした場合、店舗が必要になります。

店を構える場所が東京青山の場合と、沖縄の場合では土地代もテナント料も違います。

フリーのYou Tuberとして起業するなら、手持ちのパソコンとカメラで起業できるので創業資金はほとんど必要ないと言えますし、自己資金0円で起業することは可能です。

自分がどんな仕事で起業をしたいのか、明確なビジョンと計画を立てることで自分が起業する際の創業資金がどのくらい必要なのか算出します。

創業資金がいくら必要なのか、自己資金はいくら用意しておかなければならないか、そこの比較は難しいです。

起業する際に必要になる創業資金は大きく分けて2種類です。

その違いを比較してみます。

【設備資金】(事業を維持・拡大するため設備投資に必要な資金のこと)

店舗や事務所を借りる際の不動産初期費用・デスク、パソコン、電話機などの事務用品・車や、事業内容に必要な機械・ホームページ作成費用 など

【運転資金】(事業を運営するために継続的に発生するもの)

店舗や事務所の家賃管理費・仕入・従業員を雇用した際の給料・ホームページ作成後の運営費 など

この設備資金プラス運転資金6か月分くらいは最低でも用意したいところです。

自己資金が足りない…両親に資金協力を求めるのはあり?


起業するのには、創業資金が必要です。

自分の貯金だけでは自己資金が足りず「資金を協力してもらいたい」と考えていらっしゃる方は多いでしょう。

誰に強力を求めるか考えた時に真っ先に頭に浮かぶのは、ご両親という方が多いのではないでしょうか。

自己資金が不足していて両親に資金協力してもらうにも方法によっては自己資金とは認めてもらえません

例えば、創業資金として両親に出してもらった200万円を借ります。

借りるというのは、親子関係であっても借り入れなので、いずれ返済しなくてはなりません。

返済する必要がある=借金になるので、いくら親に200万円出資してもらっても、自己資金とは認められません。

両親から出資してもらう場合、可能であれば贈与として出資してもらうのがベストです。

きちんと親子間で贈与契約書を作成し贈与契約を結びます。

そうすると贈与された資金は返済する必要はないので自己資金として認められます

ただ、贈与契約を結んでも、銀行などから創業融資を受ける際に、両親の経済状況を確認する場合もあります。

自己資金を増やしたいからと、本来は贈与ではなく借り入れなのに建前として贈与契約書を作った場合は、自己資金として認められないこともあります。

ご両親に資金協力をお願いできる場合には、借り入れなのか贈与なのかきちんとしないとならないのですね。

創業融資って?今すぐ創業資金が必要な場合


自己資金が不足している。

両親から資金贈与を受けても、まだまだ自己資金が不足している。

自己資金が用意できるまで起業は諦めたほうが良いのでしょうか?

そんなこともないようで、融資を受けて早く開業しお金を生み出す。

その中から返済をしていくのです。

少しでも早く起業して事業を起動に乗せたほうが良いと考えます。

では、足りない自己資金はどうすれば良いのでしょうか?

創業融資を受ければ良いのです。

創業融資とは、その名の通り、創業する際に必要な資金の融資を受けることです。

創業融資にも色々ありますが、創業融資は他の融資商品と比較しても金利が低く返済期間も長めとされています。

創業融資を行っているのは以下の3つです。

・日本政策金融公庫
・自治体の制度融資
・民間銀行の創業融資

どの融資にも事業計画の提出や面接審査などが設けられているため、今すぐ足りない自己資金を借りたい、といった気持ちだけでは今すぐ融資を受けることは出来ません。

 
■今すぐ必要ならカードローン

今すぐ!明日までに!どうしても創業資金をどうにかしたい!という方は、カードローンという方法があるようです。

カードローンで創業資金を調達するメリットは、創業融資として融資を受けるのと比較して審査が早いので直ぐに現金を借り入れ手に出来ることと、一度にまとめて多額の創業融資を手にするわけではなく、今必要な分を借り入れられるという点です。

カードローンには、創業資金などの事業資金に使えるものと、そうではないものがあります。

どうせローンカードで借りるなら個人でも良いだろうと考える方も多いと思いますが、個人に貸す場合のビジネスとして個人事業主や法人に貸す場合を比較すると審査内容が変わります

個人としては、返済能力があるかないかを比較しますし、個人事業主に事業資金として貸す場合は、その事業の将来性や業績で審査します

創業資金としてカードローンを利用する際は「ビジネス」や「事業者」「個人事業主」とされているものの中から比較して選ぶと良いと思います。

<事業資金として利用できるカードローンの例>

・ビジネクストカードローン
・楽天スーパービジネスローン
・アイフル事業サポートプラン
・プロミス事業者カードローン
・アコムビジネスサポートカードローン

日本政策金融公庫 新創業融資メリット・デメリット


日本政策金融公庫は、政府系金融機関のひとつです。

民間の金融機関では融資を受けることが難しい新規の事業でも融資を受けられるシステムなどがあります。

国のお金で運営していて、銀行から創業融資を受けられなかった人にも融資をすることが可能な場合があるということです。

日本政策金融公庫のなかでも創業融資として、起業の際によく利用されているのが新創業融資制度です。

最大3,000万円の融資が受けられるので利用したいという人が多いようです。

日本政策金融公庫の新創業融資を受けるための条件は

・新たに事業を始める方、もしくは事業開始から税務申告を2期終えていないこと。

・1,000万円以上の創業融資を受ける場合は、雇用創出につながる事業や前職と同じ分の事業など、特定の用件を満たしている。

・事業開始後税務申告1期を終えていない場合は、創業資金の10分のを自己資金でまかなえること。

参照:日本政策金融公庫 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/04_shinsogyo_m.html

この3つの条件をクリアしていることが必要です。

日本政策金融公庫の新創業融資のメリットは、以下の4点です。

・中小企業に積極的に創業融資をしている
・最大3,000万円(内、運転資金1,500万円)
・申し込みから約1ヶ月で融資実行
・原則保証人、担保が不要

原則、保証人不要、無担保というのが、日本政策金融公庫の新創業融資のメリットですが、日本政策金融公庫の新創業融資で、保証人不要、無担保で融資を受ける場合、金利が2.25%(平成31年2月14日現在)と制度融資・銀行からの創業融資と比較して金利が高い点がデメリットです。

参照:日本政策金融公庫 国民生活事業(主要利率一覧表) https://www.jfc.go.jp/n/rate/index.html

制度融資 メリット・デメリット


制度融資とは、都道府県、市町村などの自治体で行う創業融資制度のことです。

自治体ごとに融資可能額や、返済期間、金利が変わってくるので自分が利用する自治体の情報を確認した上で比較することが必要です。

東京都の例をご紹介します。

東京都の制度融資を受ける条件は以下の3つの条件で特に難しい点は無いように感じます。

・東京都内に事業所(個人事業者は事業所又は住居)があり、信用保証協会の保証対象業種を含む中小企業者又は組合
・許認可等が必要な業種にあっては、当該許認可などを受けていること。
・現在かつ将来にわたって、暴力団員等に該当しないこと、暴力団員等が経営を支配していると認められる関係等および、暴力的な要求行為などを行わないこと。

東京都制度融資の詳細については、以下のとおりです。

・融資金 3,500万円
・融資期間 運転資金・・・7年以内 / 設備資金・・・10年以内
・融資利率 1.5%~2.5%(条件により異なるため事前確認)
・分割返済

東京都制度融資のメリットは融資金が3,500万円と日本金融公庫の新制度融資と比較して500万円多いことと、金利が低いことです。

デメリットは、自治体からの制度融資を受ける際は、信用保証協会からの保証が必要になります。

そのため、信用保証協会への保証料が発生します。

この信用保証協会ですが、中小企業や個人事業主が制度融資や、銀行、信用金庫から融資を受ける際に信用保証協会が事業主の公的保証人になることで、融資を受けやすくするためにあります。

中小企業や個人事業主が融資受ける際をは、融資実行時に、信用保証協会に対して保証量を支払う必要があるのです。

また、保証人が必要になる場合(代表者が保証人になることが条件になる)もあります。

参照:平成30年度東京都中小企業制度融資案内

東京都限定 東京都創業サポート事業


東京都では地域に根ざした創業を支援するための融資と経営サポートで創業融資を行っていますのでご紹介します。

東京都内の女性・若者・シニア創業者が原則対象になっていて個人事業主だけでなく、株式会社、NPO法人などにも対応。

地域創業アドバイザーが、セミナーや個別相談を行いサポートしてくれるメリットがあります。

具体的なメリットは以下の3つになります。

・融資実行日から最大5年間のサポートが無料
・年3回事業計画のブラッシュアップ・事業の継続発展のためのアドバイスが受けられる。
・税理士等により帳簿、貴重、決済書作成に関するアドバイスが2回受けられる。

融資の詳細は、以下の5つになります。

・融資限度額1,500万円以内(運転資金のみは750万円以内)
・固定金利年1%以内
・返済期間 10年以内(うち据置期間3年以内)
・無担保
・保証人 法人・・・代表者個人 又は不要 / 個人事業主・・・不要

東京都のみになっていますが、東京都での女性、若者、シニアで起業をしたい人にはオススメです。

銀行から創業融資を受けるメリット・デメリット


お金を借りる・融資を受けるなら銀行を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

大手銀行の場合は、支店も多く自分が起業しようと思う地域に視点があればとても便利です。

また銀行から融資を受ける最大のメリットは比較した際の金利の低さではないでしょうか。

金利は低ければ低いほど良いですよね。

また、場合によっては、借り入れられる融資限度額が日本政策金融公庫や制度保証と比較した場合、多額の融資が可能なことです。

また、一般的に返済期間を比較した際、銀行のほうが長いといわれているそうです。

そして、融資をうけてきちんと返済をすることが信用につながり銀行への実績として評価される点です。

金利が低い、返済期間が長い、融資限度額が多い、返済が実績として評価され銀行からの信用につながる

この4つのメリットは大きいですね。

銀行から創業融資を受ける際のデメリットといえばその審査の厳しさのようです。

業種や経営状態、事業計画など厳しく審査されます。

けれど、銀行から創業融資を受けられるメリットのほうが大きいように感じます。

銀行から融資を受ける際は、当座貸越と証書貸付があります。

借入条件が異なるので、内容や条件をしっかり比較してどちらを選ぶか注意が必要です。

創業融資はプロに依頼して成功させる


創業融資の種類についてご紹介しましたが、メリット、デメリットを、条件を比較しても、自分が創業融資を受けるに当たり、どの創業融資が一番なのか判断するのは、素人では難しいと感じました。

先ずは、どの創業融資を受けるのがベストなのか相談できる相手が必要です。

それに自分で創業融資を申請した際の成功率は30%と言われているそうです。
低いですね・・・。

創業融資を受ける際の面談では創業計画の内容を細かくチェックされます。

融資をきちんと返済することが出来る事業内容なのか?

回収可能なのか?

事業内容の動機や目的から人柄、経歴など事細かに見られます。

また事業計画書、収支計画書では熱意だけでは、どうにもなりません。

数字の裏づけが必要です。

起業前に準備で時間を取られてしまっては、時間の無駄になり、ましてや融資額が少なくなってしまっては困ります。

創業融資を受ける際は、プロに相談し時間も短縮し、融資額を希望に近づけるためプロに相談するのが、起業への近道だと思いました。

サポート会社を選ぶ際の比較ポイントをまとめると以下のようになりました。、

・事業計画書などの作成時にノウハウがあるのか?

・面談の練習に対応してくれるのか?

・納得のいくまで何度でも相談できるのか?

このランキングが、創業融資で悩める方のお役に少しでも立てれれば幸いです。

 

 

記事一覧

これから創業したいと考えている方の中には、資金を貯めるために昼間働いていて、平日は仕事を休めない状況もあるはず ・・・[続きを読む]
個人融資の場合、その人自身がブラックリストに登録されていると、その間は融資を受けることが難しくなってしまいます ・・・[続きを読む]
新しいビジネスをするときは事業資金が必要になりますが、自分で用意できれば問題ありません。 しかし多額の資金を自 ・・・[続きを読む]
起業をする時に自身ですべてを用意するのが難しい場合もあるでしょう。 そのため、創業融資の利用を考えましょう。 ・・・[続きを読む]
借りたものは計画に合わせて返すのは当たり前ですが、ときにはどうしても返すことができなくなってしまう場合もありま ・・・[続きを読む]
起業する際に、自己資金だけで事業資金を賄えるという人は少数派かと思います。 多くの人は、お金を借りることになる ・・・[続きを読む]
起業のための資金調達方法として、創業融資は非常に使い勝手が良い方法だということから、多くの人が利用しています。 ・・・[続きを読む]
創業融資として借りたお金は、そのまま自分たちのものにしておくことができるわけではなく、その後計画的に返済しなけ ・・・[続きを読む]
期限までにしっかりと創業資金を用意することができないと、残念ながら起業すること自体が難しくなります。 ただ、不 ・・・[続きを読む]
会社を起業する時、自己資金だけでは厳しい場合には、創業融資を考えてみましょう。しかし、融資を申し込んだとしても ・・・[続きを読む]
これから事業を始めようという方で創業資金を調達するために金融機関から創業融資を借りようという方は多いのではない ・・・[続きを読む]
創業融資を利用する場合には、書類の作成や面談などがありますので、初心者はいったい何をどのようにして対策を立てた ・・・[続きを読む]
創業融資を利用する際に、手続きや交渉を自分でおこなうこともできますが、成功率の低さから、サポート会社に依頼する ・・・[続きを読む]
融資の成功率を高めるためにサポート業者を利用するという経営者もいるかもしれません。そういう業者を利用する上での ・・・[続きを読む]
創業融資は、国の機関が運営しているため安心して借りることができます。しかし実際、創業融資を利用する場合には、一 ・・・[続きを読む]
起業するために創業融資サポート業者を選ぶにあたっては、各業者に在籍しているスタッフの経歴や得意分野、仲介手数料 ・・・[続きを読む]
起業しようと考えているものの、どのような方法で資金を調達したらいいのかわからずに困っているという方もいるでしょ ・・・[続きを読む]
起業したいと考えたときにすぐ資金調達ができるわけではなく、いくつかの準備が必要となります。個人差にもありますが ・・・[続きを読む]
会社を起業するときには、お金が必要になります。起業資金は、すべてを自分で用意できる人ばかりではありません。そん ・・・[続きを読む]
創業融資を申し込む時には、金融機関の担当者と面談を行うことになります。書類と共に実際に質問することによって、返 ・・・[続きを読む]
自分でビジネスを立ち上げることにした場合、継続するための資金が必要になります。借入を考えている方もいらっしゃる ・・・[続きを読む]
創業する際、自己資金だけではどうしてもお金が足りないというときに、利用できる制度があります。 それが「創業融資 ・・・[続きを読む]
創業融資を受けるためには自己資金はある程度なくてはいけません。ただ、どの程度まで必要なのかということについては ・・・[続きを読む]
会社を立ち上げる場合には、初期費用とランニングコストが必要になります。最初から十分なお金を所有していればよいで ・・・[続きを読む]
創業時はまだ実績がないということから、金融機関からなかなか融資が受けられない場合も少なくありません。しかし創業 ・・・[続きを読む]
創業融資においても融資であることには変わりがありませんので、場合によっては断られるということも十分に考えられま ・・・[続きを読む]
事業への融資をしてもらうために、まず融資先を探すことになります。銀行での融資がダメだった場合、借りられる融資先 ・・・[続きを読む]
会社を立ち上げたばかりのころは、十分なお金がないことがほとんどになります。そのため、銀行などからお金を借りたい ・・・[続きを読む]