【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

保証人がいないと創業融資を借りることができない?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/24

創業する際、自己資金だけではどうしてもお金が足りないというときに、利用できる制度があります。

それが「創業融資」と呼ばれるもので、実際には創業や起業、さらに独立開業などの時に利用することができるものとなっています。

 

創業する時に利用することができる制度

創業融資とは、創業する時や起業する時などに、自己資金ではどうしても事業資金を調達することができない場合にお金を他人から借りる制度のことを言います。

一般的には親や兄弟、さらに親族などの身近な人から借りたり、日本政策金融公庫から借りるなどの方法がよく選ばれています。また自治体の融資制度などを利用したり、ノンバンクを利用して一時的にお金を手に入れるという人もいるでしょう。

ただやはり起業や創業に関してはどうしても高額なお金が必要となることも多いので、多くの人は日本政策金融公庫、もしくは自治体の融資を利用しています。

金融期間からも借りることができないわけではありませんが、創業時にお金を借りるのはかなり大変なので、あまり現実的な方法とは言えません。またノンバンクであれば創業時にもお金を借りることはできますが、借りやすい反面、適用される金利がかなり高くなってしまうということもあるので注意が必要です。

また、お金自体は創業したいから貸してもらいたいということだけで貸してもらうことはできません。日本政策金融公庫、自治体の制度融資を利用する場合は、まずは創業計画を提出する必要があります。

計画書を提出したのちに、書類審査、さらに融資面接を受けて融資の可否が決まるということを理解しておきましょう。

 

保証人と創業融資制度の知っておきたい関係

一般的にお金を借りるという時は、保証人や担保などを用意しなければいけないということも決して少なくありません。これは、お金を貸しても正常に返済できないという時に、あらかじめ用意されている保証人や担保などを弁済手段として利用するからです。

もちろんこれらが必要ない金融期間も存在していますが、その場合は有担保の融資と比べると適用される金利が高くなります。だから、できるだけ低金利でお金を借りたいという時は、なるべく物的だけでなく人的にも担保を用意するというのが基本です。

ただ、実際にお金を借りようとする場合、保証人は債務者と同じ責任を負うということになるので、安易に誰かに依頼することもできません。だから、誰にも引き受けてもらうことができないと困ってしまうという人も実は大勢存在している状態です。

しかし、日本政策金融公庫の場合は1000万円までということにはなっていますが、保証人を用意しなくてもお金を借りることは可能です。これを新規事業融資制度と呼び、この方法であれば絶対に保証人がいなければお金を借りることができないというわけではありません。

だから誰かにお金を借りようとしていることを知られてしまうだけでなく、色々な人に頭を下げる必要もありません。全て自己責任においてお金を借りることができるようになっているので、利用するメリットは十分あるといって良いでしょう。

したがって、創業融資に関しては絶対に保証人を用意しなければお金を借りることができないというわけではなく、用意できなかったとしても融資してもらえる可能性はあります。もちろん、誰でもこの制度を利用することができるわけではなく、設定されている条件を満たしていないとお金を貸してもらうことはできません。

ただこの方法であれば創業時や起業して間もない信用度や実績がかなり少ない状態であっても融資を受けることができます。そのため、現在では創業・起業の時などはこの制度を利用することを推奨されるということも決して少なくありません。

 

できれば保証人がいた方がベター

創業・起業時にはノンバンクなどでもお金を借りることはできますが、適用される金利がかなり高くなる可能性があります。そのため、その後の返済がかなり大変になってしまう可能性も十分あるので、金額によっては利用を避ける方が無難だとも言えます。

ただ、少額でも良いのであればそれほど金利分を気にする必要もないので、手軽に利用できるため利用するメリットは十分あります。だから、まずはどれくらいのお金が必要かということをよく考えて融資野申込をすることをおすすめします。

一般的には創業時などはほとんど少額融資で対応できるというわけではなく、ある程度まとまったお金が必要となります。だから、ノンバンクではなく、やはり公的なところから借りる方が適用される金利も低めなのでおすすめです。

また、日本政策金融公庫の融資制度などを利用すれば、担保なども一切用意することなく融資を受けることもできるようになっています。ただ、借入額の上限が設定されているので、その範囲内での融資を希望しているという時にしか利用することはできません。

実際に融資を受ける際は自己資金がどれくらい用意できているかということも審査の結果を左右する重要なポイントになり得ます。つまり、言い換えれば自己資金が少ない、過去の実績がないという時にはどうしても融資を受けにくくなってしまいます。

ですから、何が何でも融資を受けたいという時は、なるべく自分の条件をよくしておくことが必要だといって良いでしょう。つまり、無担保でも融資を受けることはできる制度ですが、できれば誰かに保証人になってもらうようにすると、融資を受けられる可能性が増します。

また、希望額を満額貸してもらうことができる可能性も出てくるので、自分の条件があまり良くないという時は、保証人を用意することを検討してみてはいかがでしょうか。

 

創業融資は創業時、起業時などに必要な資金を調達する方法として便利なため、利用する人も少なくありません。もちろん事業資金自体は銀行からでも借りることはできるようになっていますが、創業資金はなかなか借りられません。

なぜなら、まだ仕事に関しての実績がないので、融資対象として適切だとは決して判断されないからです。その点、日本政策金融公庫や自治体の制度融資であれば、会社の実績の有無に関係なく融資を受けることができるし、何より適用される金利も低めです。

だから、できるだけお得にお金を借りたいという時にも利用しやすい制度となっています。できるだけ希望額を満額借りたい時や、なるべく審査に通りたいという時は、保証人などを用意しておく方が無難です。

またそれだけでなく自己資金もできるだけ用意しておくほうが、より条件をよくすることができるのでおすすめです。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧