【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

起業のために創業融資を利用するメリットとデメリットって?

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/24

起業しようと考えているものの、どのような方法で資金を調達したらいいのかわからずに困っているという方もいるでしょう。

そのような場合であれば、創業融資を活用するのも1つの手です。実際に活用を検討するときにはメリットとデメリットを理解したうえで判断することが大切です。

 

新規事業主でもチャンレンジしやすくなる

実際に起業を検討している場合のポイントの1つが、どのような方法で資金を調達したらいいのかという点です。起業したいという意欲があったとしても、やる気だけでは商売を始めることはできません。

まとまった資金がなければ、良い計画があったとしても実行できないのです。ある程度の自己資金がある方は、それを元手に商売を始めるのも1つの手です。

ですが起業したいと考えている方の中には、自己資金がほとんどないという方も多く見られます。そこで資金が少ない状況で新しく会社を立ち上げたいと考えているのであれば、創業融資を活用するのも1つの手です。

ここでポイントになるのが、創業融資を活用することにはどのようなメリットがあるのかという点です。そのメリットの1つとして、新規事業主でもお金が借りやすいという点があげられます。

銀行から融資を受けようと考えていても、審査を通過できないなどの理由で資金調達ができないという方もいるかもしれません。創業融資であれば、新しく事業を始めたいという方を積極的に応援する仕組みが整っています。そのため資金調達のためのハードルが低いというのもポイントの1つです。

またお金を借りたいと考えていても、担保や保証人などの問題が気になってためらってしまうという方もいます。実はこの仕組みを活用した場合、無担保や保証人なしで契約することも可能です。担保なしでお金が借りられることによって、多くの方が企業という夢をつかむための最初の一歩を進むチャンスがあります。

保証人なしでもお金が借りられることで、親戚などの協力が得られない方でもチャレンジできるという特徴もあげられます。当たり前の話ですが、事業を始める前に計画をしっかりと立てておくことも忘れてはいけません。実際にどのような事業をおこないたいのかという点に応じて、必要な金額は異なります。

またお金が借りられるといっても、軌道に乗るまでは節約することも忘れてはいけません。お金をかけていいところと節約すべきところを見極めることが、より良い資金計画のためのコツです。

 

短期間での資金調達もできるのか知ろう

起業を考えている方の中には、比較的早いタイミングでお金が必要になるという方も多く見られます。

ですが銀行で融資を受けようと考えて申請をおこなっても、審査の結果が出るまでに1ヶ月ほどかかってしまうこともあります。審査の結果が出るまでに時間がかかると、必要なときにお金を調達できないということもあるでしょう。

一方で創業融資の場合であれば、比較的審査の結果が出るのが早いというメリットがあげられます。このようなメリットが存在していることで、必要なタイミングで資金を調達してチャンスをつかむことにもつながります。実際に融資の実行までにどのくらいの期間がかかるのかという点は、状況に応じて異なります。

また審査をスムーズに通過するためには、書類に不備がないように気を使うことも忘れてはいけません。問題のないように書類を作っていくことで、手続きをスムーズに進めることにもなります。

書類作りは事業計画を考えていくうえでも大切なことだからこそ、しっかりとより良い形で検討するようにしましょう。1人で考えていくのではなく、困ったときには専門家に相談するのも1つの手です。

ほかにもメリットの1つとして、自己資金割合の要件が緩いという点があげられます。通常お金を借りるためには、ある程度の自己資金がないとまとまった額が借りられないというケースも見られます。ですが少ない自己資金でもまとまった額が借りられる可能性があるので、チャンスをつかめる可能性がある方が増えるというのもポイントの1つです。

実際にどのようなメリットがあるのか把握したうえで、より良い形で起業ができるようにし緊調達の方法を考えていきましょう。もちろん資金調達のための方法は、創業融資以外にも一般的な融資や知り合いに借りるなどさまざまな選択肢があげられます。

実際にどのような選択肢が適しているかは、それぞれの方の状況で違いが見られます。だからこそ現在の自分の状況を考慮したうえで、適切な形で資金が調達できるようにすることが大切です。

 

デメリットもあるので注意すること

創業融資を利用することには、さまざまなメリットが存在しています。

複数のメリットが存在する一方で、デメリットもあることを忘れないようにしましょう。デメリットも含めて考えていくことで、自分に合った形で資金を調達してビジネスを始めることにもつながります。

例えばデメリットの1つとして、利子が高めという点があげられます。新規事業主でも借りやすいように設定されているということは、お金を返してもらえないリスクも高いということです。

そのようなリスクを踏まえたうえでお金を貸しているため、回収するための算段をつけることが貸す側にとっては大切なことです。そしてリスクを踏まえたうえで返済を考えていく場合に必要となるのが、利子を高めに設定するという方法です。

一般的な銀行融資と比較した場合だと、少しですが利子が高めになるので注意しましょう。少しくらいの利子の違いであれば、問題なく利用できると考えている方もいるかもしれません。ですがたかが0.1%の違いだとしても、借りる額が多くなれば、返済するトータルの金額にも違いが生まれます。

そこで利子をチェックする場合には、トータルの返済額をチェックすることも欠かせません。トータルの返済額を含めて検討していくことで、具体的な返済計画を考えていくことにもつながります。起業のための資金繰りというのは、お金を借りることがゴールではありません。

お金を借りて資金繰りをするのであれば、借りた分のお金を返済するところがゴールです。借りるのはスタートラインなので、ゴールのことまで考えて計画を立てていくようにしましょう。先のことまで考えて行動することで、より良い形でスタートを切ることにもつながります。

計画を立てて起業したとしても、最初から事業が良いスタートを切れるとは限りません。よりよい形でスタートが切れるのは、ほんの一握りのところだけなのです。最初は上手くいかないことも考えて、自分の生活費や従業員がいるならその方たちへの給料の支払いも含めた計画を立てることを忘れないようにしましょう。

 

起業を考えているものの、資金繰りが上手くいかないという方もいるでしょう。そのような方の中には、銀行に融資をお願いしたものの審査で落ちてしまったという方もいるかもしれません。

もしも資金繰りで困っているのであれば、創業融資を利用してみるのも1つの手です。新規事業主のための融資なので、新しく事業を始める方でも審査に通過しやすい環境が整っています。審査に通過しやすいというメリットがある一方で、利子が高めなどのデメリットもあるので注意が必要です。

実際に事業を始めるうえで大切なことは、しっかりとした計画を立てるということです。資金計画を立てたうえで、リスクを把握しながらより良い形で起業できるようにしましょう。また自分1人で考えていくのではなく、専門家に相談してアドバイスを求めるのも1つの手です。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧