【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

創業融資の申し込みは充分に準備をすることが大切

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/11

創業するのに必要な資金を確保できているケースは稀で、借り入れを行う必要があります。創業融資を受けるには、信用があることが重要ですがそれをアピールできません。よい商品であっても消費者が受け入れてくれるかとは別の問題です。創業融資においても、金融機関から貸し出しにかなう準備をした事業計画を作成することが重要になります。

事業を始めるにあたって重要な課題とは

アイデアがよくても優れた商品を開発したとしても、それだけで事業が成功するとは限りません。事業を始めるにあたっては、さまざまな資源をうまく稼働させることによって継続させることが重要になります。

車を走らせるには、ガソリンが必要です。事業をする上のガソリンは、お金になります。資金繰りをどのように行っていくかは、創業時から課題となります。うまく資金を生み出すようなシステムを確保することが大切です。

創業融資を受けるメリットは、当面の資金を確保でき事業をスムーズに展開させることとなります。創業融資は、簡単に受けられるものではなく、申込や提出書類・金融機関の担当者との面談などかなり煩わしい手続きをすることとなるのです。経営者一人で取り組めるものではなく、専門家の適切なサポートが必要な作業となります。

創業時は、お金がなく日々の仕事に追われることとなります。仕事をこなすだけでは、事業は継続できません。ガソリンを常に絶やさないようにすることが大切です。創業融資は、今後の資金の取り込みを確実にさせるメリットもあります。多くの金融機関で、まず借り入れの実績をつけることが重要です。

審査に通る融資申し込みのやり方とは

創業融資は1回限りでの融資ではありませんから慎重に融資が通る準備をすることが大切です。創業に必要な融資を受けるということは、先々の取引を確保することでもあります。

金融機関で借り入れを受ける場合、その企業に対する借入の限度額を設定することとなります。銀行に融資を申し込む場合、初めての取引では制度融資という公的融資や各県にある信用保証協会の保証枠を利用することとなります。

初めての融資を申し込む場合、必ず審査が通ることが以後の取引をするうえで重要です。信用保証協会の保証の審査をとれば、小口融資という一定金額の運転資金を借入することもできるようになります。したがって、専門業者のアドバイスを得ることで、審査に通るような準備をしておくことは、継続して事業を続けるうえでの資金繰りにも役立つということです。

審査資料など大変ではありますが、アドバイスに従って手続きが求めている資料・事業計画書を作成することが大切になります。自信をもって提出できる資料作りに力を入れることが大切です。

創業融資における事業計画書の意味とは

創業時に融資を受ける場合には、公的金融機関に申し込むか銀行などの金融機関経由で信用保証協会の保証に基づく融資が一般的です。最初から金融機関にそのまま融資を受けられるケースは稀であり、段階を踏んでいくこととなります。

事業サポートする会社のなかには、公的金融機関との提携をしているところもあります。多くの中小企業は創業時の借り入れは難しいのが現状です。ただし、準備を周到に実施し借り入れに対するビジョンをはっきりさせることで変わってくることもあるのです。

金融機関の貸付に対するアピールの材料になるのが事業計画書であり、信用がなくまとまった資金をもっているわけではない中小企業にとって存在を示す材料は事業計画書しかないのです。したがってどのように魅力がある企業で、これからも継続して安定経営ができるかを示す必要があります。

アイデアの素晴らしさ、世の中のためになる事業であることを最大限にわかるように説明することが大切になります。融資の前段階で判断するための材料が少なくて当然で、資料とともにアピールする手段こそ事業計画書となります。

審査に通る事業計画書の作り方とは

金融機関に受け入れやすい事業計画書とは、どうすれば銀行から融資を受けられるかを考えることです。自らが思い描く事業をいかにしてリアリティのあるものに変えていくかが重要になるのです。

まず重要な要素は、根拠のある数字を示すということです。事業計画である以上、毎年の収入とそれに対する費用をある程度将来にわたって提示する必要があります。

次に大事な要素は、ビジネスモデルが目新しいものであることです。既にあるビジネスと同じことをするのでは、金融機関は将来性を見通すことはできません。この会社が継続して成長していくモデルがあることを示さなければなりません。

ターゲットの顧客の層を示すことが重要です。戦略性があることを示し、事業計画自体を魅力的なものにする必要があるのです。

創業時の事業の見せ方を考える必要があります。金融機関に行って口頭でビジョンを語ったとしても金融機関からは、門前払いされるだけです。用意周到な事業計画書を作成していき、ポイントを押さえた自分なりの事業計画書を説明できることこそ融資を通す強力な材料になります。

創業融資のサポート会社に求められるもの

創業融資のサポート会社に求められるのは、完璧な審査資料を作成し審査の通る事業計画書の作成のサポートができることです。もちろん審査の通る割合や、実際に借り入れができる金額・好条件で納得のいく継続して受けられる融資を成功させることとなります。

創業時の平均金利約1.2%という基準を確保し、融資額も今後の事業拡大に寄与していける金額であることを要求されます。このような金融機関とのやり取りは、経営者独自ではできないものです。選任の担当者が、面談を重ねることにより企業の魅力を発掘できるからできることです。

単なる事業計画書をうまく作成するだけでは、その後の取引を有利に進めていくことはできません。常にフォローができるから、サポート会社の重要性があるのです。金融機関や信用保証協会は継続性を重視し、今後長きにわたってつきあっていく対象先かどうかを審査の大きなポイントにおいています。

見せかけの装飾を施してもわかってしまうものです。中小企業の悩みである資金繰りを真剣になって融資が通った後もフォローしてくれることが重要です。

創業融資を受けるために必要なサポート会社の存在

金融機関提出用の資料などの手続は自分でも簡単にできます。ただし、創業融資を通すためには壁があることは現実です。融資を申し込む以上、必ず審査を通す必要があります。事業を継続して実施していくうえで、お金の問題は避けて通るわけにはいかず金融機関とのつながりがあることは信用度を増すことになります。

創業融資を準備周到に実施し、融資を獲得することは最初の関門であり必ず通らなければならない事項です。融資成功のカギを握るのは、いかに適切なサポート会社を見つけるかです。費用がかかったとしても、それに見合うポイントがあるのなら利用しないという策はありません。ビジネスのパートナーとなりうる、信頼がおける、今後の資金繰りもサポートする存在であることが重要です。

経営者がすべて自分で行いたいのは分かりますが、独立するということはうまく分担をわけることでもあります。とくに資金面は、サポートしてくれる金融機関があることは何かと強みとなるのです。創業融資をクリアするためのサポート会社を利用することは、事業を始める第一歩の確実に達成しなければならない課題です。

 

創業時の融資の審査に通るということは準備が重要になります。継続して事業をしていくうえで、創業融資をうけるためにサポート会社を利用して審査に通る事業計画を作成することです。

人まかせにできないのが事業におけるお金の問題です。失敗しない創業融資を獲得するための準備をすることが重要です。専門知識はもちろん融資後のフォローができるサポート会社が望ましいです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧