【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

創業融資を利用するときの現実

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

事業を始める際に必要となる資金ですが、最初からすべて自己資金で賄うのは難しいものです。そのため、人からお金を借りて創業する人も多くいますが、一方で創業をしたいという人向けの創業融資と呼ばれるジャンルも存在します。創業融資は一般の融資とは異なり、お金を借りつつ事業を始めるためのサポートを受けることができます。

事業を行っていくことは容易ではない

事業を行っていくことは簡単なことではありませんが、その最初となる創業にも大きなパワーが必要となります。とくに事業を行っていくということは、同時に利益を上げるだけでなく最終的には得られた利益から税金を支払わなければなりません。

税金の事を考えずに創業すると無駄に税金を支払うことになってしまいますし、法律に則って支払いを行わなければ追徴金を受けるリスクもあるのが現実です。ただ税金の話は後としても創業する際にはやはりお金が必要で、事業を立ち上げるための費用と事業を行なっていくための費用が必要になります。

業種にもよりますが、基本的には仕入れた商品を販売する、サービスを提供するにしてもそのための用品が必要となります。そのため、まったく資金なくして始めることはできません。

もちろん資金を貯めてから始めるという方法もありますが、今すぐに始めたいという場合にはその資金を融資で賄うといったことも珍しくはないものです。いずれにしても事業を始め、それを続けていくことはお金を管理しているということであり、それらには一定の知識とノウハウが必要になります。

起業をサポートしてくれる会社の存在

事業を始めるためのハードルは高く、とくに法人を設立して経営をスタートするといった場合には会社設立などの方法を理解しておく必要があり、簡単ではありません。このため、一般的には個人事業主としてスタートし、事業大きくなるにつれて法人設立を検討する流れとなります。

しかし事業を行っていくためには、そのための資金を調達する必要があります。すべてを自己資金で賄うことができれば問題ありませんが、足りない方は融資を受けて調達することになるものです。この際に行われる融資のことを創業融資といいますが、創業融資の場合にはまったく実績のない相手に貸付を行うため、事業実績を見て受ける融資とは異なり容易に行えるものではありません

貸す側についても将来を見て判断するためそのためには事業計画書や収支計画書を参考にします。いずれにしても熱意だけでお金を貸してくれるわけではなく書類でその内容を起こす必要があり、それらを作るのが起業をサポートする会社です。

サポートしてくれる会社を利用するメリットとデメリット

起業をサポートしてくれる会社を利用するメリットは、多くの起業に関わっていることで専門的な知識とノウハウがあり、事業に必要なものを得ることができるという点です。起業する前から相談すれば、事業に対するアドバイスを受けることができますし、起業後も経営を行っていく上でのアドバイスを受けることができます

経営コンサルタントを入れるというようなものですから、そのような知識とノウハウがない場合にはそれが補完するという意味で大きなメリットがあります。一方でデメリットとしてはそれなりの対価を支払う必要があるという点では、その費用を支払うことは知識を買うということなので、現実の事業に役立つかケースによって変わってくるものです。

ただいずれにしても、創業融資に関しては創業に必要な融資手段を探してくれますし、それらを利用するための事業計画書や収支計画書などの作成もしてくれるので、そのような知識がないような場合にはこれらのサポート会社を使った方が迅速に資金を調達でき起業することがスムーズに行えます。

創業するために必要な資金の金額は

創業するために必要な資金はその事業内容によって大きく変わってきます。たとえばしっかりとしたお店を構えようとした場合には、不動産を取得する、借りるなどが必要になりますし、お店を作るためのお金も必要です。お店を持たなくても移動販売車を使う場合には、それらを調達するお金が必要になるため、数百万円程度は必要となります。

一方でパソコンなどを使って何らかのものを制作するといった場合には、立派なオフィスを構える必要はありませんし、手持ちのパソコンで行うことができるのであれば創業資金はほとんど必要ありません。このため創業資金といっても必ずしも必要というわけではなく、行っていく事業内容によって変わってくるのです。

しかし事業が最初から成功するということは難しく、現金払いのお客を相手にしていない場合には、収入を得られるタイミングも数ヶ月後になってしまいます。この間にもさまざまな経費は支払わなければなりませんから、創業時には不要であっても運転資金は必要となるためやはり数百万円程度は手元にあった方がよいものです。

融資を受けるにしても自己資金が必要

創業融資にしても事業を始めた後の資金繰りのための融資にしても、事業計画だけで借りるということは極めてハードルの高いものです。基本的にはある程度の自己資金を有していることが必要で、それを持っていて融資が行われるのが一般的です。自己資金は創業した人が自由に使える部分のお金のことで、自己資金の比率を高めることが経営を安定させることには欠かせません

自己資金が足りない場合に両親や親戚または親しい知人からお金を借りるということはよく行われますが、残念ながら借りたお金は返済しなければならず自己資金とは認めらないものです。貸付ではなく両親の場合には贈与してもらう必要がありますし、贈与ではない場合には出資という形も方法のひとつです。

いずれにしてもお金を出してもらうことですから、そのお金が貸付によって得られたものなのか贈与によって得られたものなのかは、しっかりと書面に残しておくことが将来のトラブルを避けるためにも必要ですし、実際に創業資金の融資を受ける時にもこれらの書類が有利に働くことになります。

資金を賄うための創業融資を受ける時の現実

創業融資は一般の融資と異なって起業をする人に対して、その将来性を見て貸付が行われるものであり、特徴としては返済期間が長めに設定されていることです。とくに公的なものであれば金利が低く設定されており、資金調達をする上では大きなメリットがあります。

公的な創業融資としては日本政策金融公庫と自治体の制度融資があり、また地方銀行などでは地元での起業を応援するための創業融資制度を設けているところもあります。ただしこれらを利用する場合には、いずれの場合にしてもその事業の将来性に対して融資を行うため事業計画を作成する必要があるものです。その内容によっては必ずしも融資を受けられるものではありません。

また事業計画書の内容だけで融資を行うことになりますから審査にかかる時間も長いもので、金額が大きくなればなるほど融資を受けられないのが現実です。創業融資を受けるのをサポートしてくれる会社を利用した場合には、事前に事業内容を把握し現実的に融資を受けられるのか判断してくれます。創業融資を受けられない場合には、金利が高いもののビジネスローンを利用するというケースも多いです。

 

創業融資は一般の融資と異なってある意味では何もない状態からお金を貸してもらうというものですから、事業内容によってはハードルの高いものです。

このため事業をサポートしてくれる会社などに相談することが、最も確実に融資を受けられる方法を知ることができます。もちろん費用はかかりますが、経営に必要なサポートを受けることができるので事業によっては大きなメリットがあるものです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧