【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

起業するために必要な創業融資のサポート業者を利用するメリットとデメリット

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/04/26

融資の成功率を高めるためにサポート業者を利用するという経営者もいるかもしれません。そういう業者を利用する上でのメリットとデメリットについて解説いたします。

いいところだけ目を向けるのではなく、悪いところにも目を向けてどうすればいいのかを考えていくのがいいでしょう。

 

書類作成に関するアドバイスができる

創業融資を受けるためには創業計画書などの種類を作成しないといけません。書類を作成したとしても、これで融資を受けられるのかどうかということは自分ではよくわからないことがあります。

そういう時に、業者によるサポートが受けられれば、どういう点に注意して記入すればいいのかということが分かるようになり、もっとポイントをつかんで文章を作成することが可能です。

書いた書類については、どういうポイントが良くて、どういうポイントが足りないのかということをチェックすることができます。いわば、添削指導をしてもらえるということです。

いいところについてはそれをもっと深めるようにして、悪いところについてはもう一度考え直すことが重要になります。専門家に見てもらえるというのは何よりも融資において効果があることではないでしょうか。

専門家に見てもらえることによって、どういうところを強化すればいいのかということが分かりますので、そこについて深く掘り下げることによって、もっと魅力的な資料にすることができます。

場合によっては、創業計画書のほかにも添付書類を作ったほうがいいというアドバイスをもらうことがあります。こういう点の添付書類を作ることによって、効果的なアピールにつながるということを教えてもらえます。

どういう資料が効果的なのかということを教えてもらえますので、こういう書類を作ればいいということが分かります。創業計画書だけでなく、効果的に書類を準備することによって、創業融資を有利に運ぶことが可能です。

実績のあるサポート業者に依頼をすることによって、融資が通る確率を上げることにつながるというのが何よりもメリットになります。

いろいろとサポートをしているのならば、融資を受けることができた書類とそうでない書類の違いについても分かりますので、自分もその書類に近づけることによって、融資を受ける可能性を上げることにつながります。

いい書類が書ければ、その過程でどういうことを書いているのかというのがだんだん理解できますので、面談においても自信をもって挑むことができるでしょう。

 

金融機関への面談に同行することができる

創業融資において一番の高いハードルになるのが面談ではないでしょうか。面談によって融資が通るのかどうかということが決まってきますから、経営者としては何よりも注力しないといけないことです。

いきなり本番に臨むのも緊張してしまって自分の力を発揮することができなくなりますので、その前の模擬面談を実施することもできます。模擬面談によって融資可否などを教えてもらえますので、融資が可能だということであれば、面談の際にどういうことを、気を付ければいいのかということについて更なるアドバイスをもらえます。

融資が難しいのであれば、どういう点を克服することができれば融資を受けることができるのかについて教えてもらえるでしょう。どちらにしても効果的な助言をもらえますので、とてもありがたいでしょう。

実際に金融機関への面談にも同行することができますので、1対1という緊張を強いられる場面においても、同行者がいることによって安心することができます。同行者と金融機関の担当者が顔見知りということならば、すぐにアイスブレイクすることができ、緊張を解くことにもつながります。

緊張をほぐしてもらえれば、担当者との面談がやりやすくなりますので、自分たちのいいところを精一杯アピールすることができるでしょう。同行者がいざとなったら補足するような形でフォローに回りますので、マイナス評価を受けることは少なくなります。

面談に同行してもらうということによって、マイナスに働くということはないはずですので、そういう強みを活かして自信をもって質問に答えてください。面談をうまくいかせるためにはサポート業者の同行者と綿密に打ち合わせをしておく必要があります。

一番まずいのは同行者と経営者の意思がかみ合っていないということですので、そういうことにならないためにも、意識あわせはよくおこなっておいてください。面談に臨む際に分からないことがありましたら、事前に相談をしておくことです。

面談の時に余計なことをいわないようにするためにも、聞かれたことのみ返答することに終始してください。マイナスなことをいてしまうと同行者もフォローがしきれないこともあるので、注意するべきです。

 

業者を利用するために費用が発生する

創業融資を通すためにサポート業者を利用するとはいっても、無料でやってくれるはずはありません。無料ではなくて、それなりの費用がかかりますので、どうしたほうがいいのか考える余地はあるでしょう。

しかし、お金をかけることによって、融資が通る確率が上がるのであれば、デメリットにはならないのではないでしょうか。そういうことも考えながら利用するのかどうかを決めたほうがいいです。

サポート業者に払う報酬としては着手金と調達額の何%という形が多いです。着手金については成功しようと失敗しようと必ず支払わなければいけないお金です。調達額の何%については融資が成功した時に支払われます。

融資を成功するためにサポート業者もしっかりと働いてくれますので、いろいろな面で積極的に利用をしたほうがいいです。創業融資に限らず、これからも何らかのサポートを利用したいとか顧問契約を結びたいという場合には、さらに継続的にお金が必要になります。

お金を支払う価値があるのかどうかということを考えて行動をしたほうがいいです。今後も長い付き合いをお願いしたいのであれば、継続的なお金を払ってまで顧問契約を結ぶのがいいでしょう。

顧問契約を結ぶと創業に関するサポートに関する費用は安くなる可能性があります。経営者としては創業に関する融資を受けられたから終わりではなく、実際のところは始まりに過ぎません。

創業してから軌道に乗るまでにいろいろとあるかもしれませんので、継続的にサポート業者に支援をしてもらうことは大きいです。困った時にどうすればいいのかという助言をもらうことができますので、何とか生き残って融資の返済についても滞らずに済みます。

創業時というのはただお金がない時期になるので、サポート業者にお金を費やせるかどうかというのはポイントになってきます。お金がかかるという意味ではデメリットに該当しますが、創業時のみならず継続的に経営に関するサポートまで考えるのであれば、そういう支援をしてもらえるのはメリットにもなるでしょう。

 

創業融資においてサポート業者を利用することはメリットがはるかに大きいです。創業計画書などいろいろな書類の作り方を教えてもらえますし、模擬面接をしてくれますし、面談時に同行してもらえたりするという点でとても有意義です。

創業時における融資情報についても教えてもらえますので、そういう意味では利用価値が高いです。しかし、そういうサポートを受けるためにはお金を費やさなければいけないという点でデメリットです。

ただ、お金を費やしてでもいろいろなサポートをしてくれて、融資が通る確率が上がるならば、メリットのほうがはるかに上回ります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧