【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

創業融資サポート会社のサービス内容は?

創業融資を利用する場合には、書類の作成や面談などがありますので、初心者はいったい何をどのようにして対策を立てたらいいのかわからないことが多いです。

そこで、創業融資サポート業者に依頼するのがよいでしょう。今回は、そのサポートの内容がどうなっているのかを見ていきます。

 

書類の書き方をサポートしてくれる

創業融資の仕組みを利用するためには、まず申請書類作成をしなければいけません。申請書類作成をいくつかありますが、その中で重要なのが創業計画書と呼ばれるものです。

創業計画書は、必ず必要な書類ですがその中身は資金繰りの計画が一つになります。資金繰りの計画の欄では、自分で作成するのは難しいためサポート業者の提案が結果を左右するといっても過言ではありません。

次に、動機づけの記入欄も重要になります。動機づけとは、なぜその事業を展開しようと考えているかです。自分の中にある程度明確な答えがあっても、果たしてそれが正しい答えなのかはなかなかわからないものです。

この時、書き方に失敗してしまうと融資を受けることができなくなってしまう可能性が高いです。書き方としては、使命感を明確に語ることですがその例などは過去に何度か審査に通した業者でないとなかなかよくわかりません。そこで、動機づけの内容なども一緒に考えていくことになるでしょう。

それ以外にも、事業経験の欄をどのように変えていくかがポイントです。多くの場合、初めて会社を立ち上げますので事業経験といわれても何を書いたらよいのかわからないでしょう。だからといって「特になし」と書いてしまえば面談で落とされてしまう可能性が高いです。

そこで、事業経験がない場合の記入例なども学ぶことができます。最後に、セールスポイントの欄があります。セールスポイントを記入する時は、その会社を立ち上げるにあたりほかにはない差別化した事業内容が必要です。

差別化した内容がどのようなものかは、創業の段階では明確になっていないことも多いです。例えば、学習塾を立ち上げる場合、ほかの学習塾と似たような仕組みになることが多いですので、明確な違いを打ち出すことはそれほど簡単ではありません。

自分で明確な違いがあると考えていても、もしかしたらそれは一般的に行われているやり方かもしれません。このように突き詰めていくと、いったい何が差別化なのかわからなくなるとも少なくありません。

そこで、その方法を明確にして違いを考えていくことが必要です。この違いが明確になっていれば、融資を受けることができるだけでなく、実際に会社を立ち上げた後でも生き残っていける可能性が高くなります。

いずれにしても、どこかで一度考えなければならない内容ですので、プロの業者と一緒に考えてみましょう。

 

面談の内容を教えてくれることは大きなメリットになる

創業融資を利用する場合は、書類の確認以外にも面談が行われます。面談はたった一回だけですが、その内容次第では希望している金額の融資を受けられる可能性も高まります。

裏を返せば、面談で失敗してしまうと、希望している金額の融資を受けられないどころか、全くお金を貸してくれない可能性も否定できません。そうだとすれば、書類の申請以外にも面談の対策が必要になるでしょう。

そこで、面談の対策はサポート業者を利用することで安心を生み出してくれます。業者の方も今まで何度も面談の対策をおこなっていますので、どのような受け答えで融資を受けることができるものなのかよく理解しているでしょう。

その点も、具体的に突き詰めていき修正点があれば何度か修正をしていきましょう。面談といっても何を話すかなかなかわかりませんので、どのような中身になっているかを見ていくと、例えば実現可能性などは問われることがあります。

いくら、書類の方で立派なことを書いていても、面談の段階で「本当に実現可能なのですか」と問われた時言葉が詰まってしまう人も多いでしょう。

目線が定まらなくなり、明らかに動揺している感じが相手に伝わってしまえば、「本当にこの人にお金を貸して大丈夫なのか」と面接官も否定的な考え方になってしまいかねません。

そこで、実現可能かどうかをサポート業者と一緒に話し合っていくことが重要になります。当然その中で、面接官の方から鋭い質問がくる可能性がありますので、どのような質問が来たとしても答えられるように仕上げておくことが必要です。

それ以外の内容は、書類に関しての受け答えなどが考えられます。例えば差別化を図る場合、書類に具体的な内容を書いたとしても本当に実現できるかどうかはいくつか質問してみるとわかります。

明確に答えることができれば面接官も「この人は差別化のことをよく理解している」と感じますが、そうでない場合には本当に理解しているかどうか怪しいと感じてしまうかもしれません。

そこで、その内容をひたすら突き詰めていき差別化をする結果、絶対的に自社が有利になる根拠を幾つか見つけていきます。このように、面談の対策もなかなか奥が深く自分一人でおこうことは難しいですので、確実にサポート業者の助けが重要になるところでしょう。

 

書類作成や面談以外でのサポート

これから創業融資を受ける場合には、書類作成と面談は重要ですが、それ以外にもしっかりとした準備をしておかなければいけません。例えば、書類を提出してから面談までには期限があります。

その日程の調整などもサポート業者に聞けば丁寧に教えてくれます。会社を立ち上げる場合も、あまり時間に余裕がないことが多いですが、そのような心配事を相談しても適切に回答してくれることがほとんどです。創業時に関係するあらゆる面倒のサポートが充実してくれるのも、大きな魅力といえるでしょう。

後は、精神的に落ちつかない場合には自信を持たせてくれるのも大きな魅力になります。やはり、初めての面談の場合は本当に上手に面談できるのかは気になるでしょう。このような時、面談のシミュレーションなどをしてくれることも少なくありません。

業者の方でも、どのような質問がくるかはおおよそ予想ができています。そこで、過去に質問された事例などを考えながら的確な質問をしていくとともに、時には斜め上をいくような質問の内容をする場合もあります。

このような時、動揺することなく答えることができるかの訓練が重要です。シミュレーションは可能なだけたくさんした方が面談に慣れることができ、結果的に心の落ちつきを取り戻すことができます。

これは、就職活動や高校受験などと同じです。可能なだけ本番と同じような緊張感を持ちながら面談を受けた人の方が、確実に有利なことがわかるはずです。

 

会社創業にあたっては、お金が必要ですが創業融資を受けるためには事前準備をしておく必要があります。そこで、サポート業者を利用するのがよいでしょう。その中身としては、まず書類の書き方があります。

書類の書き方も、正しい書き方と間違った書き方がありますので事前にチェックをしてもらいアドバイスを受けるようにしましょう。次に、必ず面談が行われるため面談の対策も重要になってくるところです。

面談のシミュレーションしてくれるところなどもありますので、精神的な落ち着きを取り戻し的確に受け答えをすることができるでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧