【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

創業融資を申込みする時の自己資金はどれくらい必要なのか

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/08

創業融資を利用して起業を考えている方もいるでしょう。このときの問題の1つがどのくらいの自己資金を用意できるのかという点です。実は最初に用意できる金額によって、創業融資を利用できる形にも違いが出てきます。

状況を確認したうえで、資金を調達してより良い形で起業ができるように準備を進めていくことが大切です。

自己資金が多いほうが創業融資は受けやすい

起業を考えているものの、手持ちの資金だけだとお金が足りないということもあるでしょう。そのような場合には、創業融資を利用するのも1つの手です。注意が必要になるのが、創業融資は誰にでも利用できるものではないという点です。

実際に起業をする方向けに用意されている融資の制度ですが、申込みの後で審査に通過しなければお金を貸してもらえません。ここで問題になるのが、審査を通過しやすくするために注意が必要なポイントです。

例えば審査を通過しやすくなるための条件として、自己資金の有無があげられます。手持ちの資金が多いという場合であれば、申込み後に有利な形で融資が受けられる可能性が高くなります。

一方で現在の資金が少ない場合だと、審査を通過できない可能性もあるので注意が必要です。もちろん審査が通過できるかどうかは、現在の資金だけで決まるわけではありません。そのほかにもさまざまな条件から判断されて、お金が貸してもらえるかどうかが決まります。

そこで判断基準を調べて、少しでも有利な条件でお金が借りられるようにしましょう。

最初の資金が0円でスタートすることも可能

自己資金があるかどうかは、創業融資を受けるために必ず必要な条件ではありません。場合によっては資金が0円という条件であっても、お金を借りることは可能です。ですが現在の資金が0円という条件だと、借りられる額は少なくなってしまいます。

さらに資金がある場合より、資金がないケースのほうが審査を通過しにくくなるという点を忘れないようにしましょう。実際にお金を借りて起業することを考えているのであれば、どのような点が審査に関わってくるのか確認しておくことも大切です。

例えば審査に影響する要素の1つに、これから始める事業の内容があげられます。見込みがない事業を始めると判断されたら、お金を貸してもらえる確率は低くなります。意義のある事業だと認めらえることが、融資を受けるためのポイントの1つです。

代表者の借入が多いなどの場合には、審査結果に影響することもあります。過去に借金の返済が滞った経験が何度もある方は特に注意が必要です。自分の状況を判断したうえで、より良い形でお金を借りられる方法を考えていくことも必要です。

自己資金を調達したいときはどうするか?

手持ちの自己資金を増やして、創業融資を利用しやすくしたいと考えているのであればどのような選択肢があるのでしょうか。そのための方法の1つに、親や兄弟に協力してもらうという選択肢があげられます。親や兄弟からお金を贈与してもらうことで、自己資金を増やしたうえで起業することにつながります。

実際に親類などを頼る場合には、1つ注意しなければならない点があります。その注意点というのが、贈与という形にするという点です。数年後に返済するというスタイルの借入だと、自己資金には認められません。

資金という形で判断されるためには、贈与契約書などを作成することも必要です。ですが親や兄弟といってもお金をもらったままだと申し訳ないと思う方もいるでしょう。そのような場合は、あくまで贈与という形で事業が軌道に乗ってから相手にお金を渡すのも1つの手です。

ほかにも資金を調達するための選択肢には、現物出資や近い将来にもらえる保証がある退職金などがあげられます。自分に合った形で事業のスタートに必要な資金の調達方法を考えていくことが大切です。

起業の計画から必要なお金を考えること

自己資金や創業融資について考えていくのであれば、1つ忘れてはいけないことがあります。それが具体的に必要な金額を把握するという点です。起業して始めたい事業の内容に応じて、最初に必要なお金には違いが生まれます。

事業を始めるために必要なお金が異なれば、融資でどのくらいの額を借りたいのかなどの目標額も変わってきます。状況を整理するためにも、起業するためにどのくらいの金額がかかるのか最初に整理するようにしましょう。

例えば同じように起業を考えている方でも、店舗を構えるという方もいればインターネットを利用して事業を行うという方もいます。店舗を構えるのであれば、不動産の契約や店内の設備などにもお金がかかります。

一方でインターネットを利用した事業であれば、自宅の一部を事務所という形で利用することも可能です。実際にどのような形の事業かによって、起業にかかる金額は異なります。

だからこそ最初に事業の内容などを整理したうえで、お金の問題をかんがえて融資を利用するスタイルを検討するようにしましょう。

融資を受ける機関の選択肢を考える

創業融資を利用したいと考えている場合には、どのような期間でお金を借りるかも大切です。実際に融資を受けるための選択肢と聞くと、銀行を思い浮かべる方もいるでしょう。ですが実際には、銀行のほかにも日本政策金融公庫や自治体の創業融資を利用するという選択肢もあげられます。

ここでポイントになるのが、お金を借りる機関ごとに異なるメリットやデメリットが存在しているという点です。特徴を理解したうえで、少しでも良い条件で利用できるようにすることが大切です。

例えば銀行を利用するメリットの1つに、金利の低さがあげられます。金利が低ければトータルで支払う金額を減らせるので、有利に返済を行っていくことにもつながります。

しかし金利が低くても、銀行は申し込んでも審査を通過しにくいというデメリットがあるので注意が必要です。審査を通過できなければ、お金は貸してもらえません。銀行などから実際に融資を受けることを検討するのであれば、金利や審査の通過しやすさなどの点を総合的に比較して判断することが大切です。

サポート業者を利用する方法もある

創業融資について考えているものの、お金を借りられる機関の選択肢や審査の通過しにくさを知ると1人で準備が進められるか不安という方もいるでしょう。1人で起業するとしても、準備も自分だけで行っていくことはありません。

実は起業や融資に関するサポートを行ってくれる業者も存在しています。そのような業者を活用することで、より良い形で起業の準備や融資の申込みを行っていくことにもつながります。

例えば融資を受けやすくするためのポイントの1つに、事業計画書があげられます。事業計画書で自分の熱意をアピールしたとしても、やる気は審査の判断材料にはなりません。大事なのは数字の根拠に基づいて意義のある事業を始めることが理解してもらえるのかという点です。

そこで根拠のある事業計画書をサポートしてくれる業者を選ぶことで、審査を通過しやすくなるかもしれません。自己資金が0円というケースでも、良いサポート業者が得られれば融資してもらえる確率をあげられます。実際にサポート業者を選ぶなら、実績などを参考に選択することが大切です。

 

自己資金が0円というケースでも、創業融資を利用して起業するチャンスはあります。実際に融資を受けたいのであれば、お金を借りられる機関の選択肢を把握しておきましょう。

また1人で準備を進めるのではなく、創業融資の申込みをサポートする業者を利用するのも1つの手です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧