【創業融資支援】起業・開業時の融資(資金調達)相談におすすめのサポート会社をランキング形式でご紹介します!

創業融資の手続きを代行して貰う方法とは?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/04


起業するには資金集めが必須となるケースは多くなっています。十分な借入ができるケースであっても、手続きが複雑であったりして思ったより時間がかかることが多いようです。

特に日本政策金融公庫による創業融資については注意点が多いので、スムーズに借入を終えるためには代行サポートを依頼すると良いでしょう。

創業融資は便利だが手続きが煩雑

日本政策金融公庫による創業融資を利用するためには、幾つかの手順を踏むことが必要です。これが少々大変な面があり、中にはスムーズに行かないケースもあります。

うまくいけば一ヶ月程度で融資を受けられるのですが、手続きに支障があると話がこじれて、より多くの時間をロスすることになりかねません。会社設立では計画が遅れると失敗に終わる可能性があるため、これは要注意でしょう。

それでは実際の手続きについてですが、まずは10種類以上の書類を集めるところからスタートします。見積書や資金繰り表の他に、創業計画書も必要です。これらに不備があったら、もちろん融資を受けられる可能性は減っていきます。特に創業計画書に関しては重要ですから、ここは信頼性の高い内容にしたいものです。

これらの書類を集めた後には、面談があります。面談を通過すれば数週間で資金の振込が実施されますが、これにもまた手続きが必要です。創業に関しては挨拶回りなど、他に色々とやっておきたいことがあるので、この段階で時間をとられるのは避けたいものです。

代行サポートを行っているサービスとは

上記のように融資を申し入れると煩雑な手順が必要なので、思い切って代行サポートを利用してみるのがおすすめです。色々な場面でしっかりとサポートしてくれるので、安心して任せることができます。

代行してくれるのは税理士事務所経営革新等支援機関などあります。いずれも創業融資に関して、実績とノウハウがあるものを選んでいくことが重要です。

それでは税理士事務所か他の会社のどちらを選ぶべきかですが、まず前者は融資以外にも総合的にサポートが有るのが魅力と言えます。税理士は会社設立に関しての知識が豊富で、多方面にわたって相談することが可能です。さらに設立後についても色々なアドバイスを貰えるので、節税などで長く付き合いたい時には選択肢です。

他方の経営革新等支援機関などの会社は、創業融資に特化しているのが特徴です。専門的に扱っているために審査にパスする可能性が高い会社が多くなっており、ほとんど100%の実績を持っているケースも見当たります。悩んだ時には各法律事務所や会社の情報を比較して、検討していくのがおすすめできます。

代行サービスを選ぶポイントとは

創業融資の代行サービスを選ぶポイントとしては、内容の充実度と通過可能性、費用と対応力から考えてみましょう。

まずサービスの充実度についてですが、代行サポートでは書類の作成や提出、面談の支援などを一通り揃えていることが基本です。選ぶ時にはこれに加えて、付加価値のあるものを選ぶことがおすすめできます。時間短縮が得意であったり、事業を成功させるためのアドバイスを貰えるようなケースもあります。

通過可能性に関しては100%近い実績を持っているサービスが、やはり有利と考えられます。これの高さと依頼件数や融資総額などをチェックしておきましょう。

費用は固定料金の場合と、成功報酬型があるようです。いずれも安さだけではなく、他のポイントとの兼ね合いで考えていくのがおすすめできます。

対応力については、特にスタッフの親切さや応対のスピードが重要です。場合によってはスタッフの態度が信頼できないものだったり、相談してから返答までに時間がかかりすぎるようなケースもあります。これでは困った時に効果的なサポートを受けられない可能性があるので、重要なチェックポイントとなります。

代行サービスを実際に選ぶ方法とは

創業融資をサポートしてくる税理士事務所や会社は多数ありますので、好ましいものを幾つかピックアップしていきます。いきなり一社だけに絞るのはリスクがあるので避けましょう。

複数をピックアップしたら、無料相談を利用してみるのがおすすめです。ここで融資について相談をしてみて、スタッフの対応を見極めていきます。レスポンスは迅速かどうかや、定型的なセールストークになっていないかなどをチェックしていくのです。同時に費用なども相談して、対応を比較していきましょう。

最初の段階で問題があるものは避けて、信頼できる対応をしてくれたものを選んでいくのが良いでしょう。最初から不安感がある場合には、物事が進むにつれて問題が大きくなっていく可能性があります。

事業に赤字が出ていたり、消費者金融からの借入があったりしても成果が出ている代行業者もありますので、これも相談してみるのがおすすめです。このように融資に関して不安材料がある時にも、複数のサービスに声を掛けてみると、解決できるパートナーが見つかる可能性があるわけです。

代行サポートを利用するメリットとは

代行サポートを利用するメリットは、当然ですが融資の可能性を高められる点が最も重要です。創業融資に関しては手続きに難しい部分があり、自分でやると失敗に終わる可能性が高まってきます。

特に気をつけたいのが事業計画書で、これを上手に書けるかどうかが運命の分かれ道になりやすいです。計画書にはポイントを押さえて、事業の魅力や見通しを書き込んでいくことが必要となります。税理士法人などでは審査に有利な書き方などのノウハウを持っているので、これが心強いのです。

またサポートを受けると、自分の時間を節約できるのも大きなメリットとなります。特に事業をスタートする時には、自由に使える時間があった方が有利です。取引先への挨拶に回ったり、集客のために時間を使ったほうが事業を成功させるためには役立つはずです。

他には金利削減が可能になったり、融資額がアップできるような場面もあります。やはりプロが支援してくれると、このような部分でも違いが出てくるのです。金利に関しては半分程度まで抑制できるケースもありますから、これは返済を考えると大きな違いとなってきます。

創業融資の審査に通らなかった場合のデメリット

創業融資の審査については、自身でやると失敗に終わるリスクが高くなってきますが、ここで借入に失敗するとダメージが大きくなる可能性があります。

まず資金が用意できないために、事業がスタートできない可能性が出てきます。こうなると設立前に会社が駄目になって、その損害賠償に追われるケースもあるかも知れません。

他の機関で借り入れたとしても、日本政策金融公庫ほどの有利な条件で融資を引き出すのは難しいでしょう。担保や保証人を請求される他、金利も高かったりと返済条件も厳しい可能性があります。返済条件は少しの差でも、借入額によっては大きな負担になりかねません。将来にわたって苦労するきっかけにもなるので、できれば条件の良い創業融資を成功させたいものです。

失敗に終わるリスクは、代行サポートを利用することで低減できます。準備不足で申し入れてしまい、面談で厳しいことを言われて憤慨、そのまま審査落ちになると言ったケースはままあります。気をつけたいポイントが幾つもあるので、上手く乗り切るには代行サポートを積極的に検討していきましょう。

 

創業融資の代行サポートについて、その特徴や選ぶ方法などを見てきました。とても有利な条件での借入れも目指せるので、できれば成功の可能性の高い方法で挑戦していきたいものです。しっかりと情報を集めると共に、積極的に無料相談サービスなどを利用して信頼できるパートナーを見つけていきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧